若様のおでまし
zoinsung.exblog.jp
消しゴム兄さん、タイミングが・・・(笑)
f0022898_2317382.jpgえーっ!!いまさらー?と思われるかもしれませんが、
本日、コインパーキングの入り口で発見しました。
また、微妙なタイミングでおいしいショットをありがとう!!
と、思わずお礼を言いそうになりました(笑)

「シンジラレナーイ!!」とヒルマン監督なら言うかもしれません。
「想定外割引!」と、孫会長は言うかもしれません。

「予想どーり」なんですけどね。

もちろん、例の件ですよ(笑)
今回の一件、消しゴム兄さんをはじめ、sidusHQはどうやって火消しするのか静観するつもりでしたが・・・
お返事しようのないメールをいただいたりしましたので、iruhoなりの見解をこちらに書いておきます。



これってそんなに大事(おおごと)なの?というのが率直な感想です。
どんなに大規模なスポーツイベントだって、雨天中止になることもあるし、イベント中止って、しょっちゅうあるわけじゃないにしろ、そんなに珍しいことでもないような・・・
海外のアーティスト好きな方いわく、「外タレには、ままあることでしょ。」と一笑。
「中途半端なもの見せられるくらいなら、お金返してもらった方がいいよね。」とのこと。

そう言われてみれば・・・いろんな記憶が蘇ります(笑)
えーえー、私も行ったことがあります、そんな韓流イベントに。
もう、明らかに何かわだかまりのあるままステージにあがってんなー、というニオイを撒き散らしながら「バラードの貴公子」と紹介され、1曲もバラードを歌わなかったミュージシャン。
その一方、生バンドなしで一生懸命歌ってたミュージシャン。
「うわー、バンドじゃないんだ、可哀想」って一瞬思いましたが、
「え?この金額で・・・これって、ようはカラオケだよね・・・」とわだかまりを貰って帰ってきた自分(笑)

チケットを購入した人は、さぞかし落胆されているかと思います。
でも、主催者サイドに抗議する、というのは少し違う気がします。
発表当初から???というイベントだったわけで、そいういう情報があちこちであがってたわけです。
それでも敢えて購入されたのですから、それはもう自己責任なんですよね。
遠方の方で飛行機やホテルのキャンセル料がかかってしまう方もいらっしゃるでしょうし、仕事を休んだ方もいらっしゃるでしょう。
「費用や日程の都合をなんとかやりくりしたのに!」という、落胆というより、やり場のない怒りにどうにもならなかったのでしょうが、それって自分の都合ですよね。
それは、このイベントに限らず、どんなイベントにおいても生じることなんじゃないですか?
「私は子供を預けて、家計をやりくりして、等々の諸問題をクリアして、楽しみにしていたのに!!」と言われても、それは、ご自分が人生のなかで選択した結果というか、あえての現状なわけで、そんなこと言われても、申し訳ないのですがお返事のしようがありません。

「溢れる情報を上手く読み取り、自分の状況と照らし合わせて判断すること。」
いたって当たり前のことですが、ついつい逸る気持ちでアクセル全開にしちゃいがち。
一度ブレーキをかけて、いろんなことを考えてみるいい機会なのかなー、と私は思いました。
(私も、いろいろ反省中・笑)

それから主催サイドの発表が遅い!とお怒りの方もいらっしゃるようですが、確かに遅い、とは思いますよ、私も。でも違う角度で見てみると、主催サイドの発表を待たずにフライングしたところがあるってことですよね。(まぁ、これだけでも主催サイドと関係各処のズレが垣間見れますけど。)
個人blogで何書こうと自由なので、それはいいと思いますが、マスコミの名前を語った個人(?)の情報が一番早かったとか?詳細はわかりませんが、
「発表が遅いし、情報が錯綜してるから!」という正義感からだと、好意的に捉えるってことで(笑)
ただし、中止の告知を依頼されたなら別ですが、中止が公にされていない(できない)段階で書いたのであれば、ある意味ではルール違反だとは思いますけど・・・
ま、韓流に関しては、低俗なムック本やら、自称関係者、自称マスコミな人の続出で、どの情報も??って感じなことに、慣れっこになっちゃいましたけど(笑)

とにかく、「日本の公式であるSidusJPを出し抜き、sidusJpの会員を無視して、 イベントを企画した(企画にのっかった)IHQ、iCOMって・・・?」という、不信感だけが残ってしまいましたね、残念ながら。

消しゴム兄さんはじめ、若様、っていういよりsidusHQサイドが、この失態をどう収集するのかわかりませんが、もう余計なことはいいので、はやく次のドラマなり映画なり見せてくれー!!
っていうのが本音でしょうかね(笑)
by iruho | 2006-11-02 02:38 | ひとりごと