若様のおでまし
zoinsung.exblog.jp
「卑劣~」公開?
多忙ですっかりご無沙汰しておりました。
決して若様のことを忘れたわけではなかったのですが、若様が私を食べさせてくれるわけではないので(笑)食いっぱぐれないよう、がんばって仕事してました。
メールのお返事もままならないので、こちらで近況報告というか、お返事なんかをさせていただきたいと思います。



「役者としての若様がすき。」と言っておきながら、「卑劣~」公開に何の運動もしないっ!!
とお怒りのメールをいただきましたが、公開へのはたらきかけを率先してやらなきゃいけない、なんて義務もなければ、メールの送り主さんたちへの義理もありません。
また、そういったはたらきかけをするつもりもありません。

そりゃぁ、私も若様ペンのはしくれですから

ドラゴンちゃんを背負った若様も、
f0022898_12222962.jpg
楽しそうに歌い踊る「スズメバチ」な若様も、
f0022898_12225169.jpg

見れるもんならスクリーンで見たいですっ!!

暴れん坊な若様や、
f0022898_12254768.jpg
切ない若様だって
f0022898_12265383.jpg

見たくないわけないじゃないですかっ!!


f0022898_12323748.jpgでも・・・
←この、「イロッケ、オレオレ~♪」な若様は、
見ていてなんとなく恥ずかしくなるというか、照れくさいので、
スクリーンじゃなくってもいいです。家でこっそり見たいです。
なので、DVD化の際は、チャプターの頭にもってきていただけることを希望。


なぜ「卑劣~」が日本公開されないのか?えっと、すごく簡単な理由です。
配給会社が「卑劣~」の存在を知らないはずはないので、
①配給会社は買いたかったけど、買えなかった
②買おうと思わなかった
のどちらかです(笑)

①の場合は、金額含め諸条件の折り合いがつかなかったってことで、
②の場合は、諸条件と金額に見合うというか、採算のとれる集客・売上げが見込めない、と配給会社が判断したってことですね。

どちらにしても、商業ベースとしては折り合いがつかずに公開されなかったってことです。

韓国での興行が大成功だったか?と言えば、失敗ではないけれど、うぅーん・・・
某所では、今後予定されるDVDの販売を含めれば採算ベースになる、と書いてありました。
でも、かの国のこういった情報がどれだけ信憑性があるか?と言われると、ハリウッド映画の宣伝文句「全米No1!!」と同じくらいだと思うので、なんとも微妙ですが・・・

正直、どどーんと公開した韓国映画の興行がイマイチな現状・・・
残念ながら、韓国映画のファン、若様ペン、とりあえず韓タレ好きな人々、という限られた人しか足を運ばないであろう公開なら、別に無理して日本公開しなくてもいっかなー、と思ったり思わなかったり・・・

だったら、「ぜひ我社に配給させてください!!」という声が殺到するような、満を持しての日本公開になる作品を待ちたいと思ってます。

ただ、若様ペンの声が届いて、「卑劣~」が日本公開されれば、それはそれで凄いなぁ、と素直に思います。しかも、ちゃっかり見に行っちゃうと思います(笑)

一方、ごく一部の地域でしか見れないとなると、公開する日数にもよりますが、遠方の人々は多額の旅費と時間をかけて見に行く、もしくは見に行けない、ということにもなってしまうし・・・
だったら、公開よりも、日本語字幕付DVD発売の方がいいのかな?と思ったり・・・

ま、そんなこんなで今回は静観させていただきます。

私は、「日本公開がない=作品としての評価が低い」 とは思いません。
結局、作品の評価は見た人それぞれがすればいいと思うし、ある人にとっては素晴らしい作品であっても、ある人にとっては駄作だったり、、、映画ってそういうもんだと思います。
「卑劣~」の感想は過去にupしていますが、私は、もう一度スクリーンで若様を見たいです。
が・・・いわゆる韓流に興味ない知人に「是非!!」とお勧めするか?と聞かれたら・・・
いわゆる韓流をとりまく現状を考えると・・・微妙です(笑)


正直、仕事が忙しく激疲れのため、
出来レースのような総裁選に、麻生さんと谷垣さんは、どうやって立ち回るのかなぁ・・・
って思うのと同じくらいのテンションなんです@「卑劣~」日本公開・・・
ローテンションで申し訳ないですが、メールを下さった方は、こういうことで、ご理解ください。

「元気ですか?」というメールを頂いた方にも、申し訳ないのですが、こちらを読んでいただいているに違いない、ということで(笑)
いただいた質問なんかには、おいおいこちらにupしてお応えしたいと思いますので、ご理解ください。とりあえず、iruho、無事に生存しております(笑)
by iruho | 2006-09-11 01:05 | ひとりごと