若様のおでまし
zoinsung.exblog.jp
ペンミ ペンウォッチング&スタッフウォッチング 会場編
f0022898_1555625.jpgカメラで会場をのぞく若様に、どきどき胸をときめかせた方も多かったのではないでしょうか?
メイク直しに10秒しかくれないなんて・・・
若様のい・じ・わ・る♪ 
「ちょっと、メイクが浮いてる人もいますので・・・」なんて、
自分の厚塗りはさておきな、おちゃめな若様です。
で、見ていたのは、若様だけではありません!!
ひっそりこっそり、私も見てました(笑)
というわけで、会場のペン・スタッフの模様をお届けしたいと思います!!



<東京編>

ペンミ終盤、ふと、私の横を さささーっと風が駆け抜けていきました。
「ん・・・?」と顔を通路に向けたそのとき、
まさにそのときですっ!!
だだっ!!!と黒い影が後を追いました。
私の視線の先には、STAFFに押さえ込まれたペンの姿がっ!!
「舞台へ駆け寄ってはいけません。直接モノを渡してはいけません。」
そんなアナウンスも、もう遠い昔、1時間半も前の出来事です(笑)

ただ、なんせ勢いが凄かったので、両者ともに怪我してないか?と、一瞬ひやりとしましたが、ペンの方は無事にお席にお戻りになってましたので一安心です。

f0022898_1810527.jpgいやー、両者の俊敏な動きといい、押さえ込みといい・・・
シビックホールではなく、
後楽園ホールに来ちゃったかと思いました(笑)

赤コーナー、ペン代表 vs 青コーナー、警備会社代表

かたや熱い想い、かたやプロ根性ってことで、
両者一歩もひけをとらない、いい試合ができたんじゃないかと・・・

すいません、このペンの方が見て不快になったら申し訳ないんですが、とにかくそのガッツに敬服した次第です。

f0022898_1874459.jpgで、後を追ったスタッフの方ですが、黒のスーツみたいなものをお召しになっていらしたせいか?
一瞬、忍者かと思いました(笑)
「目にもとまらぬ動き!!しゅしゅっ!!」
いや、ものすごいプロ根性を見せていただきました。 
たしか、髪型もこんな感じだったと記憶しています。

そんなこんなで、負傷者がでることもなく、ペンミin東京は幕を閉じました。
めでたし、めでたし。


<大阪編>

大阪は凄いです。さすがツワモノぞろいだな、と唸った次第です。
私が気になった2つをご紹介します。

まず1つめ。

ペンからのプレゼントを一通り眺めた若様が手に取ったもの・・・
それは、赤い色をした大きな袋・・・
「ん?・・・んん?」f0022898_14455111.jpg

なんと

「かっぱえびせん」

好きな人へのプレゼント♪ といえば、
きれいに包んでぇ、リボンをかけてぇ、、、
と、したいのが乙女心!!

でも、さすがです。違います。
ラッピングなし! 
「どうだっ!えびせんだぞっ!!」と、センターで、どどーんと主張する「えびせん」。
その潔さが、たまらなくツボでした。

私は26歳の男子を喜ばせるような、気の利いたものが浮かばなかったのですが、
す、すばらしいですっ!!
思わず座布団をあげちゃいそうな自分を抑えるのが大変でした(笑)
生ものだと、やっぱりSTAFFからNG入るかと思いますが、乾き物なので(笑)

私としては、えびせんの贈り主に、
「やめられませんでした、止まりませんでした!かっぱえびせん」
という、若様からのメッセージが届くことを祈ってます!!

いっそ、このネタでカルビーさん、いかがでしょうか?CF (爆)
「あなたが好きだからぁ。」 に続けっ!!てわけじゃないですけど。


では、2つめにいきます。

「自分が女優だったとして、共演?ラブシーン?をしたい俳優さんは?」
というような質問だったと思います。

ここでも、さすが大阪、会場からものすごいナイスなつっこみがはいります。

f0022898_1573071.jpg「ヤン・ドングン!!!」

若様も「ヤン・ドングン?!おー、ヤン・ドングン」
みたいなリアクションでした。

私としては、次に続く人が現れることを待ってました、祈ってました。

そう、もちろん「若様、おごって!!!」という声を(笑)

誰か叫んでくれないかなぁ、と待ってましたが、・・・残念っ!!

ところで、それ以外では「消しゴムのお兄さん、テヒョンくん」の名前が叫ばれてましたが、
若様のお答えはというと、やっぱり「消しゴムのお兄さんと、テヒョンくん」という、あたりさわりない無難な答えっていうか、「おいおいっ、マジモードで答えちゃってるよ。」というお答えでした。

「ジソブ!!」というペンの声もとんでましたが、ノンノン、それはアンデヨ、ちっちっちっ♪
なぜダメかというとですね、「若様が女優だったら」というのがダメなんです(笑)
過去記事をお読みの方は 「きたっ!」 と思ってらっしゃるのでは?
そう、イヌクもといジソとのラブシーンは、ナムジャ同士の妖しくもイケナイ絡みで見たいからです!!いやー、この絡み、ほんと美しいと思うんだけどなぁ・・・

とにかく、この「ヤン・ドングン!!」と叫ばれた声の主にも、座布団あげたい気持ちでした(笑)

そんなわけで、ペンミin大阪は、「イグアナ、えびせん、ダサ男」の3点セットで幕を閉じました。めでたし、めでたし。

<おまけ>
おもわず「同感」の若様か?いや、TRUGENもいけちゃうかもしれないっ!
そんなヤン・ドングンの魅力満載、素敵ショットをお届けします。
f0022898_1446470.jpg


<さらにおまけ>
この画像を見たとき、一瞬、オレ様ビョン吉@紅白挨拶ver かと思いました(笑)
恋は盲目。いやー、よく言ったもんです。
オレ様ビョン吉は、私の心の中から追放されたんだなぁー、と感じさせた感慨深い1枚です。
f0022898_14463063.jpg

by iruho | 2006-08-29 00:05 | あんな若、こんな若