若様のおでまし
zoinsung.exblog.jp
ペンミ 司会者編
徹底比較 「古家正亨 vs 田代親世」 名司会者はどっち?!

注)私は東京B公演、大阪公演の観覧。
   A公演に関しては、観覧した知人の詳細な話をもとに書いています。



個人的に特に両者のファンでも、アンチファンでもないので、その人となりって知らないなぁ・・・
ということで、ほんの軽い知識として検索してみました。

東京A公演の司会 古家正亨さん  
東京B公演および大阪公演の司会 田代親世さん  

このデータがいつ作成されたものか不明なのですが、気になるのは古家さんがタップダンスに興味アリ、という箇所と、田代さんが慶応girlだった、そして、足のサイズが予想外に小さい、ということでしょうか(笑)

古家さんはラジオをベースとしている人なので、言葉を正確に聞きやすく発することを必要とされるわけですね。台本どおりきっちり、秒単位で進行することも要求されるわけです。
古家ペースというか進行は、そういった背景に裏打ちされたものだったのですね。
古家さんの場合、韓国映画やK-POP好きではあるようですが、特定の誰かのファンです、と公言しているのは聞いたことありません。
なので、ある程度、作品についてや、アーティストについて掘り下げるとなると、「予習してきました。」という姿勢を感じますし、さくさくと段取りどおり進行されます。
古家さんの作品に対するつっこみに、きっちり誠意をもった対応、というか、知ってもらいたい、伝えたいということを熱く語る俳優さんのお姿も何度か拝見しました。
ただ、男性だということもあると思いますが、いわいる作品とかには全く関係ないというか、プライベートチックな質問なんかはあんまり興味ないんだな、という空気を感じさせます(笑)
今回、A公演のみが卑劣のmakingを見ながらのトークがあったようですが、これは古家さんの得意とする進行だったのではないでしょうか?
ただし、VTRが上手く流れなかった時に、若様のペンサービス、と解釈するか、暴走トークと解釈するかは個人の判断ですが(笑)突然、勢いよく喋りだしたらしい若様への対処は、とまどっていたそうです。
ご自身で、「スタッフにきっちり挨拶してまわる人を初めて見ました。」と若様のことを言っていたらしいですが、段取りのないところで喋りだした(これが結構おもしろかったらしい)人も初めてだったのか?「若干、主役のアドリブには慣れていない感じだった。」と知人談。
「ペンとしてはおもしろかったけど、運営サイドにいたら、若様を黙らせて!!と、間違いなく"マキ"の指示出ししたけどね。」とも知人談。

一方、田代さん。
元局アナだったんですね。ビジュアル的にも納得できます。
ただ、いかんせん香港スター好き→ベヨンのペン♪というイメージが強すぎます。
田代さんの場合は、ちょっとつっこんだ話になると、「実は見てないなぁ?」とか「あれ?理解してる?」という場面を、残念ながら、お見かけしてしまいます。
ただ、以前は「私が私が!!」と自分前面の傾向があったり、熱くなりすぎる傾向があるような気がしましたが、さすがに経験というか場数を踏まれて、そういったことも、さほど気にならなくなりました。
田代さんは、とにかく基本がペンなので(笑)ペン心というか乙女心をくすぐるトークなら、この人の右に出る人はいないでしょう。
「自分が聞きたいこと=ペンが聞きたいこと」という図式が見事なまでにあてはまっているので、そういった意味ではペンからの支持があるのも頷けます。
ただ、「とにかく言葉がききとりにくいんだよね。早口だし。」と、知人談。なのと、「もうちょっと落ち着かないとねー・・・だから大御所からは、それ、君に話してどうすんの?って感じにあしらわれちゃうんだよねー。やっぱ、浅いんだよね・・・もったいないねー。」とも知人談。

お二人とも、もともと好きなものを仕事にしちゃったというか、時代がはまっちゃったわけですが、韓流イベントには欠かせないお二人であることは確かですね。

残念ながら私はA公演を見ていないので、どっちがいい!とは言えませんが、知人からの話を聞いた限りではA公演を見ておけばよかったかなぁー、A公演の方が私好みだったかなー、という気がします。

「で、どっちの司会がよかったの?」という私の問いに「好みじゃん。」とあっさり言った知人。


結論を言うとですね・・・若様、あれだけ喋れるんだし、優秀な通訳さんもいることだし・・・
あのイベント内容だったら別に司会が日本人である必要ってないかもね・・・
韓国のイベントみたいに仲の良いタレントでいいし、いっそ司会は別にいなきゃいないでも、
なんとかやれそうだよね、若様・・・
なんて、そんな無謀な結論に至った次第です(笑)
by iruho | 2006-08-26 05:13 | あんな若、こんな若