若様のおでまし
zoinsung.exblog.jp
思いがけず・・・
週末、仕事で札幌に行ってきた。
私は 「可能な限り国内は日帰り」 で済ませてしまいたいのだが、今回は仕事が2日に渡ったためお泊り。あぁ・・・「第五共和国」の最終回は録画かぁ・・・なんて思ってたのですが・・・



仕事を終えて、お食事のおもてなしをうけてホテルに戻る。
これはいつものパターン。これが男子の出張なら、+すすきの があるんだろうけど(笑)
KN見れないし・・・持参した本でも読むか、と、なんとなくテレビのスイッチを入れてベッドに横になったら、聞き覚えのある声が・・・!!
f0022898_325282.jpg「ギョンホヤー!!」
え・・・?ギョンホ・・・? 
振り返ると、私の禁断の作品「ピアノ」がっ!!
しっかり観賞して、さぁ、寝るか、なんて思ったら
「引き続きピアノをお楽しみ下さい。」 の文字・・・・
2話連続放送(笑) というわけで、さらに小1時間「ピアノ」観賞。
頭の中は釜山弁、そしてあの若様がっ!!!
f0022898_311665.jpgで、ピアノの若様を一人思い出したりする。
あのシーン、このシーン・・・
実際に見たのは 「アイロブユー♪」 のあのシーンだったのに、
いや、覚えてるもんです。
このあとああなって、こうなって・・・
くぅーっ!!いい作品だぜ@ピアノ
f0022898_314393.jpg
基本的に破滅願望があったりする私なので、ギョンホは危険。
と、ここで 「ピアノ」 について語ると長くなってしまうので省略しますが(笑)
とにかく、思いがけずギョンホを目撃してしまったため、次の日、仕事に若干支障をきたしました(笑)
f0022898_315429.jpgなんとか仕事を終えて空港へ・・・
ところが、ラベンダー祭りだ!、ゴルフだ!と、とにかく大混雑。
予約の便まで時間に余裕があったので、昨晩読もうと思った本を読むことに・・・
右手にアスパラ、左手に六花亭をごっそりかかえ、いやぁー楽しかったねぇ、と賑わう人混みを脱出。
韓ドラにはまってから本を読まなくなった、と自分でも思っていたので、
久しぶりに ダバダー♪ と、コーヒーを頂きながら没頭した。

読んだのは、友人に借りた、村上龍の「五分後の世界」

村上龍、と聞いただけで、うぅーん・・・と遠慮してしまう人もいると思うけど、実におもしろかった。帰ってから、続編の 「ヒョウガ・ウィルズ」 を立て続けに読んでしまうほど。

映像に慣れると、話をイメージとして捉えがち・・・。久しぶりにじっくり活字と向き合って、文章のおもしろさを改めて感じて、ご存知の方も多いであろう、朝日新聞のキャッチを思い出した。
初めてこのキャッチを目にしたのは山手線の広告だったんだけど、久しぶりに「言葉」にどきりとしたのを覚えている。

話がそれちゃったけど、村上龍の書き方は上手かった。上手いとか下手とか偉そうに批評するのはおこがましいけれど、斬新な書き方ではないのに(ただし随分前の作品なので、当時は斬新な書き方だったかもしれない。)ぐぐっと引き込まれる書き方は、うぅーんと唸らせられるものがあった。もちろんストーリーありきなんだけど、書き方次第で、ストーリーが良くも悪くも、面白くもつまらなくもなる。
「卑劣な通り」・・・予告編だけで内容はあらかた見えちゃったし、新しさもない単純な話をどう描いてるのかな・・・と、結局ここに行き着いちゃいました(笑)
by iruho | 2006-05-23 03:24 | ひとりごと